Pocket

この「妊婦さんとの日々」はわが家の第3子妊娠時の様子を夫側の目線から綴ったものです。
妊娠発覚から出産までの249日間の日記になります。
私と妻と上の子たちの「妊婦さんとの日々」が、これからのプレパパや妊婦さんの参考になればうれしいです。
バックナンバーはこちら
手っ取り早く出産当日のことを知りたい方はこちら

妊娠2ヶ月,第5週,39日目(予定日まであと241日)

【妊婦さんを無菌状態に置きたい夫の心理】

妊婦さんのうっかり度:1
妊婦さんの気持ち悪さ:2
妊婦さんの体の変調:3
夫の不安度:3

※全部夫側から見た勝手な数値です…

【日記】

今日、娘は病院で経過観察だったけど、薄曇りで気温も低いし、
大病院で風邪なんかがうつると問題だから、予約をキャンセル。

妻と娘で家でゆっくりしてもらうことに。

バスに乗って、人混みの中、大病院の待ち合いで長時間待つくらいなら、
家でゆっくりしてもらう方が100万倍安心。

朝、妻と会話をしたけど、気もそぞろな反応。

夕食はいつも通り料理をしてくれる。

夕食時、子供たちの話しをちょっとしんどそうに聞いていた。

【今だからのコメント】

当時(というか過去3回の妻が妊娠時はいつも)の私の心境は、
妊婦さんを無菌状態の何かカプセルみたいなものに入れておきたいというもの。

かの有名な名医ブラックジャック先生が常に携行していた手術用の無菌バルーンみたいなものが、
あったらいいのにと本気で思っていました。

なので、病院の待合室なんて何だかドキドキで(思えば病院に失礼な話ですが…)
できることならあまり行ってほしくなかったです。

夕食時のわが家の風景は、
子供たちが今日あったことをタイミングを奪い合って、
私たちに報告するのが常なのですが、
そんな子供たちのマシンガントークも妊娠中の妻には結構しんどいものだったようです。

ちなみにまだこの時に子供たちには妊娠のことは話していません。

Pocket