Pocket

小3坊主の夏休みの宿題がまさに佳境に入ってまいりました。

ワークブック的な定形チックなものは
夏休みの初期に加速度付けてやってしまったのですが、
自由研究的な非定形のものは後回しにされて今まさにやっている最中です。

しかし。

読書感想文、自由研究の2大課題が彼の目の前に立ちはだかっているのですが、
なぜか余裕な雰囲気なのが微妙に癪に障ります。

もっと磯野家のカツオ的にアタフタしてほしい。

むしろそれが日本の夏の風物詩であり、
小3坊主は夏休みの宿題に焦ってくれなきゃ困っちゃうわけであります。

 

余裕余裕と言っている読書感想文を横で見てみたら……。

生物のトリビアが見開きで一つにまとまっている本の2,3の事例を取り上げたやつ。

……それ、読書感想文となんか違う……。

で。

さらに余裕余裕と言っている自由研究は……。

みょうばん買ってきて、結晶つくってヒャッハーって。

……それ、オリジナリティがちょっと不足気味……。

 

しかし、本人はそこそこご満悦なので、
私が横からなんか違う、というのもなんか違う気がして、
見守るしかできない親父なのでした……。

うーん。

Pocket