Pocket

テレビのニュースの特集で無痛分娩のことをやっていました。

無痛分娩がよくわからないお父さんのために、
メチャクチャ簡単に解説すると陣痛を麻酔で緩和させるお産のことです。

ニュースでは実際にそのお産をされた妊婦さんのドキュメントや、
無痛分娩の利点やリスク、を解説していました。

 

で。

私が何を思ったのかというと、
無痛分娩の是非がどうのこうのと言う以前に、
妊娠とお産ってやっぱすごすぎだと。

自分の体がまったく別物に変わって、
お産という経験を経て、
また別の状態になる。

と書くと三行になっちゃうわけですが、
これはやっぱりとんでもない経験だろうと。

男の脳みそじゃ理解が追いつかないわけであります。

つまり、男の人生でそんなことってあるのって話なわけです。

とにかく無痛分娩にしろ、自然分娩にしろ、
自分の体のダイナミックな変化の最中に、
自分や赤ちゃんのことを考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて、
これからの生活のことを考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて、
来るべきお産のことを考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて。

男の人生でそんなことってあるのって話なわけです(二度目)。

 

で、さらに私が思うのは。

こうまでしている妊婦さんやお母さんたちに向って、
「好きで妊娠したんでしょ」とか
「妊娠は病気じゃないから(妊婦は立っとけよ)」とか
「バギーが邪魔」とか
「妊婦は職場でお荷物」とか、
よー言えたもんじゃと。

バカじゃね―の、バーーーーカ。

 

ちっとは頭の中で考えるだけの脳みそがあるなら、
慮ってあげられるよう行動できるだろと。

って、考えられねーから、バカなのか、多くのおっさんたちは……。
(おっさんたちばかりではないけど…)

 

ということで。

やっぱり、妊娠とお産ってすげーことなわけです。

男が少しでも、ホントに少しでも、
そのことを考えて想像することができれば、
社会は変わるのではないだろうか。

なんて思うわけであります。

 

ちなみに、私の妻のお産の模様は
以下にまとめてあります。

もしよろしければ、どうぞ!

【プレパパ向け】これが立ち会い出産当日の動きだ!→実録編

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

Pocket