Pocket

子供が3人いると病院通いもかなりの量になります。

以前はもっぱら私が通っていましたが、
今は妻に任せきりになってしまいました。

お互いが忙しい時はうまく分担しているつもりではいるのですが、
やはり子供たちの様子を知りたいという気持ちと、
妻に過度の負担になっていやしないかという気持ちで、
それなりに忸怩たる思いでいます。

私が子供たちと一緒に病院へ行けない時は、
妻から夕食時などに情報共有で
その日ドクターからどのようなことを言われたのかなどを聞きます。

行けないなりにもその情報共有で子供たちの様子、
妻の気掛かり、などを知るわけです。

 

これまで親子ともどもいくつもの病院に通っている我が家ですが、
数件の病院、医院で非常によろしくない処置をされてしまい、
そのために手術、入院などになってしまったことがあります。

子供たちや妻にフィジカルもメンタルも負担をかけてしまいました。

 

今通っている医院は非常に処置も丁寧で、
説明もわかりやすく、信頼できるかかりつけ医を持つということは
かなり重要だと痛感しています。

 

素人の私がこれまで子供たちと通って来た経験から、
いいお医者、悪いお医者を考えてみると……。

 

特段の説明もなく、薬をバンバン出すお医者はあまり良くない気がします。

そして、説明をきちんとしないお医者。

 

こういったドクターはその後セカンドオピニオンを求めて
他院へ行った時、非常にまずい状態になっていることが多かったです。

 

上記2点は大人でも当てはまるでしょうが、
今回特に子供たちが通うということを考えると
信頼できるかかりつけ医にはもう一つ重要な条件があります。

 

それは子供たちの恐怖心を正しく認識してくれていること。

 

処置に痛みが伴う場合、
それを数度に分けてくれたり、
子供たちにちゃんと説明してくれたり、
処置の時間を短くしてくれたり、
そういった子供の恐怖心のケアをしてくれるドクターは
間違いなく、例外なく信頼できるかかりつけ医でした。

 

子供が患者なので、当たり前と言えば当たり前のようなことなのですが、
これができるドクターは実はそんなに多くなかった気がします。

 

子供は嫌でも病気になりますし、
親が必ず付き添わなくては行けないわけですが
このポイントは鉄板です。

 

もしも今通っているドクターが子供の恐怖心に寄り添えなく、
配慮が足りなかったら、私は迷わず病院を変えることをお勧めします。

 

これまで子供3人の付き添いで、

100回以上通ってきた私の偽らざる感想です。

これは子供達のために一番に考えてあげることだと思います。

Pocket