Pocket

昨今話題になっている「うんこドリル」。

ベストセラーらしいですね。

子供の好奇心にうまく訴求したとか、
「勉強」とのミスマッチが斬新とか、
マーケティイングの勝利とか、
まあ、もてはやす話題は枚挙にいとまがないわけです。

 

 

……。

……。

バカじゃん?

てか、子供に何をさせたいの?

自分の子供がうんこに笑い転げて、
勉強っておもしれーってそれでいいの?

いやいやいや、そんなお堅いこと言わずに
結果的に勉強をするようになるからいいでしょ?
って言います?

エロもグロも一種の背徳的な要素があるからこそ、
子供は面白がるわけで、
かく言う私も子供の頃は、親や先生の目を隠れて
そういった話題でゲラゲラ友達と笑い転げてました。

 

で。

そんな背徳ネタを理解のある大人のフリして、
わざわざ大人自らが子供の目の前に提示する意味ってなんなのさ?

そんなんじゃ、全然面白くなくなっちゃうじゃんね。

つーか、うんこネタで面白がらせた勉強って、
勉強が面白いんじゃなくて、うんこが面白いわけで、
なんの解決にもなってないじゃん。

うんこドリルで勉強できた!って喜ぶ親は、
大学受験もうんこネタで子供と一緒に乗り切りますか?

それとも思春期の年相応に今度はエロネタをまぶしますか?

 

 

ということで。

子供たちの特権である下ネタギャグを理解のある大人のそぶりで、
表に出すなよって、言いたいわけであります。

そんでもって、
勉強できればそれでいいとか、
物が売れればそれでいいとか、
そういった結果だけを見ちゃダメでしょ、とも思います。

過程で手段を選ばないんだったらなんでもありになっちゃうし、
そういったことを子供に教えたい親なんてそうはいないと思うわけです。

なので、うんこドリルを小遣いで買って、
子供たちが友達とゲラゲラしながらやるのはいいけど、
大人がバックアップしてどーすんのよ、

と本気で思うかつてドリフ大好きだった親父なのであります。

Pocket