Pocket

私の人生で、いろいろ見てきて、聞いてきて、人と関わって、
その中で非常に危険な言葉に出会ったので、ここで共有したいと思います。

私が出会って「やべーなこいつ」とか、

「なんだ、こいつ、言ってることとやってることが違うじゃん!」とか、

「なんだかメディアでいい事言っていたけどがっかりだぜ」

なんて思う奴には必ずの共通点があることを発見してしまったのです。

 

見つけた時は結構自分でもびっくり。

あー、確かに使ってた!

偉そうに話してたよ!

なんて感じで私の経験上、そういった人間の共通点を発見しちゃいました。

 

つまり!

それは。

「利他」という言葉。

……。

……。

これ、平気で使っている奴は私の経験上、90%の確率で似非(えせ)人格者。

利他の心

利他の精神

……吐いていいですか?おぇ~ってなもんです。

 

利他って……、利己的の反語として使いたいんでしょうが……。

つーか、ホントに利他を実践できる奴なんて、
相当の宗教家(か発案者の経営者)しかいないんじゃね?

相当難しいしね。お前みたいなもんができるならやってみろってね。

てか、私は無理。

そんな難しいことはチャレンジしたくても、戦(おのの)いちゃうわけです。

 

「利他」を使う奴はたいてい俗にまみれています。

金が好きです。

ブラック企業的な発想が普通です。

そして、ここが重要なポイントなのですが、
自己愛が振り切れるほどナルシスト。

で、たぶん過去の苦労話を必ず人前でします、絶対に。

(そんなオメーの何が利他だっつーの!)

 

ホント~に何人も何人も「利他」を語られちゃうと、
私、そのたびに「もういいよ」って気になっちゃいます。

いやいやいや、ホントにあんたそれできるの?って。

自分よがりじゃくて、第三者からもできてるって言ってもらえるのって?

 

とにもかくにも。

私の拙い経験上、「利他」を乱発する奴は
信用するなってことです。

十中八九、奴らは自分に酔っています。

……。

……。

で、間違いなくまともな人間を喰い物にします。
(マジでね)

Pocket