Pocket

私の持論として、

どんなに仲良くても言わなきゃ(表現しなきゃ)わからない、

ということがあります。

 

私と妻はまあ、ケンカもしますが、
仲のいい方だと思います。

もう結婚して十年。

出会った頃から考えると十数年ずっと一緒です。

だからお互いの体調や気分は朝起きたり、
帰宅したりしたその瞬間に分かります。

ですが、やっぱり言わなきゃわからないことって山ほどあるんだなと。

最近そんな風に思うことがありました。

 

妻から改めて私のいいところを聞く機会がありました。

まさか、そんなことを妻がいいところだと思っていてくれたなんて、
結構ビックリ。

私が妻や子供たちと話すとき、「ながら聞き」をせず、
キチンと向き合って聞くところがいい、なんて言われたわけであります。

別に私自身ことさらに意識していたわけでもないようなことを
妻は私の「筆頭いいところ」として認識していたくれたわけです。

ふーん。

気が付かなかったよ。

でもやっぱりいいところを言われると嬉しいし、
悪い気分はしないわけです。
(ってむしろ有頂天になるくらいに私は単純)

なのでやっぱり

どんなに仲良くても言わなきゃわからない

と改めて思ったわけであります。

 

だって、違う脳みそだしね。

当たり前だけど、とても大事なことだと思いました。

一方で私は妻にちゃんと尊敬していることや、
いいところをちゃんと言えているのかなと少し反省したわけであります。

 

以心伝心とか、

ツーカーの仲とか、

そういったことは関係性の上にあぐらをかいていることなのかもしれない、

なんて思ったわけであります。

Pocket