Pocket

母の日の絵今度の日曜日は母の日。

そう、母の日です。

カーネーションの母の日です。

母の日だよ!全員集合!!

 

と。

破滅的に古いことを言いつつ、
毎年思うことは、母の日っていいなぁってこと。

母の日に比べると、父の日のオマケ感って何?

母の日はカーネーションに代表されるようにどこかシンボリックだし。

経済効果も結構大きそうだし。

文科省の統計によると、
国民のうち約8割が父の日を
忘れているというデータもあるようです(ウソ)。

で、そんな毎年ついているようなウソはどうでもよくて、
まあ要するに何が言いたいのかと申しますと、
親父としての体感としては、
ホントそれくらいの差はあるだろーってことなわけであります。

 

ちなみに冒頭の絵は今年娘が母の日のために、
妻に書いてあげたものです。

親父としては、とてもかわいく妻のことを描いてくれたと思います。

ニッコリ笑ってるし、温かい色で塗ってくれてるし。

……。

……。

……。

しかーし!

……。

もうお気づきでしょうか。

この絵に不可解な部分があることを……。

それではもう一度その絵をご覧ください。

母の日の父

もうお気づきでしょうか。

私もいるってことを。

しかし、本編には登場せず、
あくまでもスピンオフの枠、つーか欄外にいるってことを。

この辺が母の日と父の日の差としてあらわれてくるのではないだろうか。

なんて、思う親父なのでした。

 

……いや、まあ、なんてことを言いつつ、
実は母の日のプレゼントに私も忘れずに描いてもらったことが、
ちょっと嬉しい親父でもあるのでした。

親父ってやつは、実に複雑なものなのであります。

(面倒くさくしているのはお前だろ!)

Pocket