Pocket

赤ん坊が保育園に行き初めて3日。

0歳児保育は慣らし保育のため、
登園と降園の時間がかなり短縮されています。

なので、現在育休中の妻が送り迎えを担当することになりました。

ただ、9年目を迎えた保育園通いをルーティンとしている私にとって、
それは何だかとても気持ちの悪いものなのであります。

 

楽になったからいいじゃん。

って思われるかもしれませんが、
朝の疾走感(ママチャリですけどね)がないのがイヤですし、
毎日娘と確認していた街に咲き始めた花々を確認できないのもイヤですし、
毎日娘と確認していた給食の献立表を確認できないのもイヤですし、
娘のクラスの腕白坊主たちと絡めないのもイヤです。

まあ、その他にも沢山あります。

 

多少ドタバタしても(って全然「多少」じゃないけど)、
やっぱり保育園に送りに行く朝は
私の日常に組み込まれていたものなわけです。

まさに保育園ロスってやつです。

 

あと、6年後。

赤ちゃんが卒園した後、私はきっと燃え尽きるんでしょうね。

「あしたのジョー」の最終巻の最終コマみたくなるんでしょうね。

って、いやだな……。

 

ということで。

早く慣らし保育が終わって、
私の送りが再開することを本気で待ち望んでいるのでした。

このままでは、定年退職を迎えて、
ルーティンが崩れて奥さんに厄介者扱いされて、
仕方なく図書館で無駄に時間をつぶすようなおっちゃんみたくなっちゃうよ。

それか、何やってもプルプル手が震えて、
「う~」とか唸って、玉のような冷汗をかくシャ○中みたくなっちゃうよ。

ってマジでイヤだぜ。

 

私の心身の健康のためにも、
早く保育園復帰を果たさねば!

……。

……。

……普通こういう場合、
「奥さんと子供のため!」って言ったほうがいいんでしょうね。

とは言え、本気で保育園登園が待ち遠しい親父なのでした。

Pocket