Pocket

毎日保育園に通って、早8年。

本当に保育園と先生方に感謝している親父なわけですが。

なかなかどうして難しいのが、先生方へのお礼の言い方。

基本的に保護者と先生の個人的な関係(旅行のおみやげや感謝の金品、
園外のホームパーティーなどへのお誘いなど)を
厳密に禁止している保育園なので、
感謝の気持ちの表し方が非常に難しいわけです。

逆に言うと、あまりに難しいため、
長男が擦りバイしている時からお世話になっている先生が
ひっそりとお辞めになってしまっていたこともあり、
その辺を常に気にしていないと、お礼の言葉も言いそびれてしまうわけです。

 

いやらしくならず、個別な関係にならず、
でも子供たちのことについてちゃんとお礼を言いたい、
そんな風に思っていました。

本日まで。

で、今日、「ほう、その手があったね」と思ったのは、
家に帰ってきて娘がせっせと手紙を書いていたから。

娘がついに明日までになった今年のクラスの先生にお礼の手紙を書いていて、
そして来週からお世話になる先生によろしくメールを書いていたのでした。

これだ!と。

これなら親がしゃしゃり出るようないやらしさもなく、
でも、お礼をちゃんと伝えられます。

しかもきっと先生なら子供たちからのメールも喜んでくれるはず。

 

ということで、娘は以下のようなメッセージカードを書いていました。
(もちろん掲載は娘の承諾ありです)

先生へのお礼状

これが今年お世話になった先生へのもの

まず今年お世話になった先生へのものです。

カードのふちは持っているテープで飾っていました。

 

 

 

 

 

先生へのよろしくメール

新しい先生へのメールです

次に来年お世話になる先生へのよろしくメールです。

まあ、たぶんですが、もらって悪い気はしないでしょうね笑。

 

 

 

 

 

↑は娘が自分で考えて、自分で書いていたものですので、
これに親の感謝の気持ちを乗っけるのは、若干気が引ける部分もありますが、
まあ、先生にわが家の感謝を伝えるのは子供たちが代表、という風に考えられなくもなく、
我が娘ながらナイスなアイディアだと思うわけであります。

 

親がベタベタ、グダグダとお礼を述べるよりも
100倍はさっぱりと気持ちよく受け取っていただけるかな、と思います。

 

ということで、この方法、ぜひお試しください!!

Pocket