Pocket

10年前の今日。

朝、私は神楽坂を走っていました。

忘れたUSBメモリーを取りに家に全速力で帰っているところでした。

↑↑↑それはなぜでしょうか??

 

それは……。

……。

自分の結婚式で使うPowerPointデータ(感動的なシーンで使う的なやつ)を家に忘れてきたからです!

ドン!

とにかくそのデータがなければ、式場の営業さんが言うところには……。

「式の体をなさない」

ドン!

 

……んなこと言われりゃ、しょうがないじゃん。

当時はクラウドとかないしね。

走るしかないじゃん。

というわけで、私は式場のある神楽坂から当時住んでいた東京の下町までダッシュしたわけです。

 

で、自分で言うのも嬉しいのですが、当時の私はデブ。今より10数キロも多いデブ。

ザ・デブなので、地下鉄の階段を一人ふーふー言いながら駆けあがっていました。

 

当時、式場に早めにいた妻の妹は「このまま帰って来なかったら、何かのドラマになるね」なんて、
なかなかアバンギャルドなことを言ってくれていたとのこと。

 

なんて言われつつ、私は飯田橋のアホみたいな乗り換えの距離に
毒づきながらダッシュしていたわけです。

 

 

……。

……。

 

というのが、10年前です。

10年前\(◎o◎)/!

 

その後、夫婦はどう変わったのか?

10年前。

夫はUSBメモリーをダッシュで取りに帰り、妻は実の妹から髪を結ってもらい、
2人で神楽坂の坂道を2次会会場まで駆け抜けて歩行者の方々から祝福をもらい。

そんな二人が……。

……。

10年後には。

子供が3人!

乳飲み子の赤ちゃんもいるし!

10年前に影も形もなかった3人は、
期末の図画工作を自慢したり、
友達とのやり取りで悩んでいるところを話したり、
離乳食を順調に食べるようになったり。

↑こういったことって、10年前の二人は想像したのかな?

当時DINKs生活を謳歌していた二人には絶対に想像もつかなかっただろうなあ。
(って、もしかしたら異常に勘のいい妻は何か予見してたかもしれないけど)

 

というわけで、何が言いたいのかと申しますと。

まあ、結局夫婦って面白いってことに尽きるわけであります。

面白くなかったら長い人生の間、もったいないし、無駄だしね。

 

で、次の10年に何が起きるのかなと。

ドラゴンボール的に言えば、「おら、わくわくすっぞ」という心境なのであります。

 

Pocket