Pocket

赤ちゃんと上の子

りるると弟

ここ最近「家族で考えるコト研究所」の新着に
謎のタイトル「りるる日記」が席巻していますが、
それは数日前から5歳の娘が始めたブログ記事です。

本人の「やってみたい……」の一言を現実にすべく、
親父がほとばしるほどの親バカで
サポートしている企画なわけですが……。

ここ数日、私はちょっと怯えていることがあります……。

 

朝起きると

「りるるのブログは今日見てもらえるかな~?」

家に帰ると

「お父さん!今日は見てもらえたかな?」

風呂に入ると、新しいブログを書いて持ってくると、
ご飯中に、弟と遊んでいる時唐突にetc.

 

これって、私のwww(World Wide web)の説明のせいなわけです。

「ブログ(www)にあげたものは世界中から見てもらえるんだよ。
どこかの国の人が「りるるちゃん」って面白いねって思ってもらえたら素敵だね」

的なことを言っちゃったもんだから、
今、彼女は世界中の人々にお手紙を書いている気分ってわけで……。

だから白ヤギさんか黒ヤギさん並みにお手紙が読んでもらえたか
心配してしまっているってわけです。

 

ふむ。まあ、別に悪いこっちゃないんですがね……。

でも、今日は読まれたか明日は読まれるか、
なんて質問を毎日毎日されてもね……。

まるで毎日キビシイ営業ノルマの報告をさせられている
営業マンのような気持ちになり……。

「今日は未達でした!申し訳ありません!!!」みたいな気分に
追い詰められている親父だったりするわけであります。

 

今のところ、本人はかなり面白がって続けていますが、
降園後の限られた時間では、日々のお手伝い(洗濯物たたみと夕飯の準備が子供たちの仕事)をしたり、
大好きな工作をしたり、兄と一緒にちょっとテレビが観たかったりして、
なかなか時間の工面が難しそうです。

一応、本人には「続けることがとっても大事なんだよ」とは言っていますが、
時間や体力やその他もろもろを見つつ、
彼女のプレッシャーにならないように
無理なく続けてほしいと思っています。

 

というわけで、今一度弾けるほどの親バカをぶっ放しますと……、

よろしければ一度彼女のブログをご笑覧いただければ大変幸甚です。

そして、ブログを見ている時にキーボードで「Ctrl」+「R」キーを
連打していただけると、とてもとてもうれしく存じます。

(つまりページビューを無駄に操作するというくだらない手法であります。
……ってホントにはやらないでくださいね)

 

このブログを通して、何がどんな風に変わっていくのかは、
父親の目線で定期的にレポートできればなあ、なんて思っています。

ので、一つ末永くよろしくお願いします。

 

最後に、彼女のブログに出てくる
「ぷうぷ」とはうちの赤ちゃんの愛称です。

平仮名文章の中に「ぷうぷ」って
いきなり入ってくると分かりづらいんですよね~。

 

Pocket