Pocket

わが家のおひな様

わが家のおひな様、五人囃子は娘の自作

昨年のひな祭り。

なんとわが家はホカ弁。

まあ、ホカ弁の何が悪いのと言われると、
ホカ弁は何も悪くないわけですが、
女の子のいる家として、
それってどーなのよって話なわけです。

で。

なんでホカ弁だったのかと言いますと、
多重、複合的な事態によってそうなったのでした。

まず第一に妻がかなり重いつわりだったこと。

妻は例年娘のためにパーティー用の料理をつくるのですが、
昨年は台所に立つなんて夢のまた夢状態。

必然的に台所にはスーパー料理下手(当時)の私が立ち、
日々怪しげな料理をつくっていた時期でした。

↑というのが第二の理由。

およそ気の利いた見場のいいパーティー用の料理なんて
絶対に無理な腕だったというわけです。

そして、第三に私がちらし寿司用のご飯のセットを失敗してしまったということ。

当日は息子のスイミングスクールの進級テストの日だったので、
娘と応援に行った私は予約タイマーを掛けたつもりだったのですが、
帰ってきたら炊飯器はシーン……。

ということで、
妻はグッタリつわり…、
息子は水泳で腹ペコ…、
娘はひな祭りの何かスペシャルを期待して……、
炊飯器の中は水に浸ったお米たち……、
というハイプレッシャーの中、
私は一人ホカ弁に走ったというわけでした。

そして、ホカ弁が新鮮な子供たちは、
「キャッホー、唐揚げだ~!」
と大喜びで食べるのを見つつ、
ホカ弁のにおいで気持ち悪くなっている妻を見て……、
怒涛のような罪悪感を覚える料理下手
かつオッチョコチョイの父なのでした。

 

……うん、実にかわいそうな話だ。

で、今年。

イェーイ!

今年は最高のひな祭りにしてやったぜ!
(てか、料理全般は妻がつくったけど……)

ちらし寿司に娘の大好物の海老フリャー、
菜の花のおひたし、
そして帰りに買ったケーキ。

無事子供も一人増え(昨年のつわりの原因、当時は数センチの身長だった驚!)、
5人でパーティーらしいパーティーをすることができたというわけです。

去年の家中がドヨーンとした雰囲気のホカ弁から
大躍進の今年だったのでした。

めでたしめでたし!

Pocket