Pocket

都庁安近短を旨とするこの「行ってみた」企画。

今回は「安」がついに「無料」にまでなりました。

うむ。実に経済的。

で、行った先はと言うと、「都庁」。

そう、あの伏魔殿。

都民ファーストなんて、
ホントに当たり前のことを言いはじめた謎の場所。
(都政で都民ファーストじゃなかったら、何ファーストなのかな)

ま、そんな魑魅魍魎が跋扈する都庁なんざ視察でもせんことには、
何をやらかすか分からん。ってことで、家族で行ってきました。
(ホントは天気がよかったから富士山を見ようってだけの理由なんですがね)

 

さて。

これまでの「行ってみた」シリーズ(これまでのラインナップは一番下に貼っておきます)のように
写真を掲載して、順にレポートしたいところなのですが、
まず最初にお伝えしたい正直なところは……。

……つまんね。

……土日の昼間に行っても、フーンって感じ。

 

まあ、バギーで行った我々にとって、
さすがバリアフリー完備の都庁は楽っちゃ楽なんですが、
なんかこう重要なところが抜けてるっていうか、
せっかく開放しているなら、もうヒトサジ「工夫」を入れてほしいというか……。

つまり、観光とかレジャーに重要な「感動」や「驚き」と言ったものが
ナッシングってわけなのでした。

やっつけなのかな?

イベントごとに外部コンサル入れて、ジャンジャン金を使ってるなら、
おひざ元の都庁の展望室も博○堂とか電○とか入れて、
やったほうが面白くなるんじゃないのかなと。

都庁展望室からの眺め(1)

真ん中の木々は明治神宮

都庁の土日、食堂もやってないし。

展望室は飲食禁止だし。

その展望室で案内係の初老の男性二人に
子供たちや赤ちゃんにおやつを食べさせる場所を聞いたら、
「ないよ、土日はないない」なんて木で鼻を括ったよう対応だし。
(「地下に行けばあるかもしれないけど、
私たちくらい慣れてないと無理だよ」とか、なんだよ、それ……)

極めつけは赤ちゃん休憩室が土日休みだし……。
(どうしても使いたい場合は内線を掛けろとか、何それ?)

都庁赤ちゃん休憩室

 

都庁赤ちゃん休憩室2

内線しろってさ…

 

総じて、都庁っつーものは、
何かが足らない感が満載の何かだったわけです。
(ってさっぱりわからないかもしれませんが、
私にもさっぱりわかりません)

 

ということで。

かなーりがっかりの伏魔殿。

海外からの観光客の人もたくさんいたけど、
ちゃんと面白いって感想を持ってもらえるのかな……?

ってか、都政で

観光推し、子育て推し、

だったら、落第、バッテンパンチ(古)ってやつでした。

 

 

……夜景は夜景できれいなんでしょうがね。

知らんけど。

都庁展望室からの眺め(2)

双眼鏡は結構面白かったかも

 

都庁展望室からの眺め(3)

赤ん坊は結構ご満悦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまでの「行ってみた」シリーズ

Pocket