Pocket

今朝未明。

娘が怖い夢を見たと私を起こしました。

怖すぎてベソをかいています。

なので、その後、朝まで私の布団で一緒に寝ました。

 

そして、今夜。

先ほどまで元気よくはしゃいで、
今日一日あったことを話していた娘。

でも、寝る時に一緒に寝室に向ったら、
「やっぱり怖い夢を忘れられない」とのこと。

なので、また一緒の布団にいたのですが……。

リビングから赤ちゃんの泣き声が。

なので。

「ぷーぷ(赤ちゃんのこと)や
お母さんが困っているかもしれないから、行ってあげて」とのこと。

今朝の一件もあるので、
眠るまで一緒にいてあげたかったのですが、
確かに妻も大変そう。

だから、怖い夢を見ないおまじないをして、
寝室を後にしました。
(おまじないは簡単。手をつないで
バーベキューすることや旅行に行くといった、
楽しげなことを私が言い続けるってやつです)

 

そして……。

リビングで赤ちゃんを抱っこして、
しばらく妻と話していたところ。

娘がトボトボと寝室から起きてきたわけです。

「……やっぱり怖いの……」

で。

さすがにかわいそうなので、今一度寝室へ。

娘は私の布団入ってきて、私にしがみつき
「リルルにどんなことがあってもみんなが好き。
うちの家族のことがリルルは好きなの」
と言ってベソをかいています。

私は彼女が眠るまで、一緒にいました。

そしたら、私も寝ちゃって。

かなり慌ててこのブログを書いているというわけです。

 

さて。

そんな娘を怖がらせた夢の内容とは。

「戦争」。

私。

別にどっかのイデオロギーに
染まった何かを言いたいわけではないです。

でも、ホントに娘は今朝からずっと「戦争」に怯えていました。

いろいろな映画を観たり、
ニュースを一緒に観たりしているから、
その辺りの何かが彼女の脳みそに
こびり付いていたのだと思います。

 

全世界、古今東西、
間違いなく人間にとって最高の忌み事「戦争」。

で、その忌み事を生み出している世界の大人たち。

ってことは、イコール親たち。

……。

……。

……。

……最高の矛盾だな。

なんて娘と一緒に横になりながら、
思った次第なのであります。

 

Pocket