Pocket

ファインディング・ドリー
2003年に公開され、今でも子供たちに大人気の「ファインディング・ニモ」の続編。

それが今回取り上げる「ファインディング・ドリー」です。

いわずもがなの3DCGアニメの老舗で草分けの
ピクサー(Pixar Animation Studios)の作品です。
(現ピクサーはディズニーの子会社ですが)

2016年に公開され、内外で興行的な成功を収めた作品ですね。

私。あんまり話題になった記憶もなかったので、
てっきり興行では失敗したのかと思っていたのですが、
あにはからんや、大成功していたのです。(ビックリです)

で。

今回、子供たちと観たわけです。

「ファインディング・ニモ」は結構好きな作品なんですが、
実は私、その中で唯一好きじゃないキャラがいたんですね。

歯科医院に来る魚イジメの女の子?
って思われるかもしれませんが(まあ、ビジュアル的には最悪だけど)、
その嫌いなキャラというのが本作の主人公「ドリー」。

なんと言っても……。

うるさい。

ガサツ。

面倒くさい。

トラブルメーカー。

でもって、健忘症の設定が鬱陶しい。

ということで、大嫌いなキャラが主人公になっているので、
あんまり観る気も起きなかったわけです。

で。

あらすじなんですが、
要するに忘れっぽい(が振り切れている)ドリーが
実は過去に自分の両親と生き別れていることを思い出す。

からの、親探しの旅。

そして、当然のことながら前作並みの
艱難辛苦が用意されて、
無事生き別れた父ちゃん、母ちゃんと再会を果たす。

ってことです。

ダチョウ倶楽部並みのお約束かな……。

 

さて。

そんなこの映画。

子供たちはケラケラとよく笑っていました。

見たところ、ピクサーの前作「アーロと少年」よりも
ウケてたかな。

確かにドリーの動きや言動は子供にはウケるかなと。

ただし、表面的なところでウケているようでしたので、
観終わった後の感傷や感動、その他諸々の感情を抱いたようには
あまり見えませんでした。

良くも悪くもそういった子供向けの映画として捉え、
消化しているようでした。

 

次に。

私(親として)の感想ですが……。

序盤から言いようのない座りの悪い心持ちでした。

「生き別れ」はその昔から様々な物語で
使われる常套のシチュエーションです。

ほぼオートメーションシステムでドラマが盛り上がるんで、
使い勝手がいいんでしょうね。
(お蔭でチープになりがちですが)

ただ、今回の「生き別れ」は、
外的な要因(悪役の暗躍、天変地異、戦争や災害etc.)ではなく、
ドリーの内的なもの(健忘症、もしくは記憶障害?)が要因になっているわけです。

私の嫌な気持ちはそういったところに原因があるように思いました。

つまり、その子自身が持つ特性や特徴によって
大人になるまで親と生き別れになってしまった、というところに、
子供を持つ親として、あまりに不憫で可哀そうで残酷に感じてしまったわけです。

そんなことがもし起こったら……、
自分と自分の子供のことで考えると、
身が千切れて、心が引き裂かれて、
はらわたをすべて吐き出しても足りないくらいの
地獄のような気持ちになることが想像できちゃったわけです。

そんな気持ちになったら、
もう笑えません。

 

ドリーは確かに鬱陶しいキャラだし、
前作も本作を観ても、全然好きになれないキャラだけど、
可哀そうに描くにもほどがあるだろと。

前作の主人公ニモも「生き別れ」ているわけですが、
親子の掛け替えのない時間(離れ離れは数日くらいかな)までは
傷つけていません。

でも、ドリーは大人になるまでですからね。

想像したら、まったく笑えんやつってことです。

 

ニモの他の子よりも小さい胸ビレや、
ドリーの記憶障害も
勇気ある行動の前にはまったく問題になることではない。

誰だって他の人と違うところがある。

違いは個性であり、特徴であり、特長にもなり得る。

ってことが、もしもこの映画の裏のテーマであるにしても、
親子の時間がその子自身が持つ「違い」によって、
引き裂かれてしまうというのは、
私にはダメでした。

 

ということで。

この「ファインディング・ドリー」。

子供目線では及第点に笑える。

大人目線でも他のピクサーのアニメに引けを取らず、
観ることができる。

でも。

親目線では、正直なところキビシイ映画でした……。

悪い映画ではないと思うんですがね……。

まあ、私にはちょっと無理ってやつでした。

Pocket