Pocket

私の親は団塊世代。

で、そんな団塊世代はリタイヤするまでの10年くらいの間に
会社でPCの導入が進み、リタイヤする頃までには
ある程度のITスキルを身に着けることができました。

しかし、残念なことに息を吸って吐くくらいナチュラルに
デジタル製品を使いこなしている
デジタルネイティブ(生まれながらにデジタル製品がある世代)に比べると、
やっぱり残念な感じです。

まったく使えないわけでも、スゲー使いこなしているわけでもない。
たぶんこれが団塊世代のデジタル生活の実態なのではないかと思うわけであります。

ということは。

つまり、実家には実に生兵法チックな状態でデジタル生活が
繰り広げられているというわけで。

デジタルネイティブの団塊ジュニア世代としては、
実家に帰省するたびに
ちょいちょいチェックの必要があるというわけです。

 

つーわけで、私が実家に帰省した際に
実際にチェックしたポイントをご紹介したいと思います。

 

1.カモられていないか

昨年の夏、高齢のご家族が、ある大手パソコンショップから
法外なサポート料を徴収されている、という告発がありました。
で、ネット上をその話が駆け巡り、そのパソコンショップの経営を
左右するまでの事態に発展したわけですが、
実際問題としてこういった状況はデジタル生兵法世代には
簡単に起こりえます。

つまり。

つい店頭で店員さんにまくしたてられると、
微妙な「知ったか」をしてしまい、逆にカモられてしまうという状態です。

デジタルネイティブだったら、実際の店舗に行く前に
事前にネット上で情報を調べつくし、
十分な知識をもとに店員さんと対峙するわけですが、
デジタル生兵法世代はなぜかデジタル系に関して
知らないことを恥に思う傾向にあるわけで。

知らなきゃとことん確認を取ればいいだけの話なのに、
なぜか適当な状態で理解を止め、
店員さんの言いなりになってしまうという
かなりイタイ状態になってしまうわけであります。

なので、ご両親のデジタル生活がカモられていないか
チェックする時のポイントは以下の二点。

  • 出入りの(懇意にしている)家電屋さんの存在はあるか
  • どこかの家電量販店のカードに固執していないか

この二点で変な感じでカモられていないか
打診することができます。

つまり特定の業者さんと濃密な関係にあるか否かで、
まずはチェック。
もしも濃密な関係が築かれていたら、
変なことになっていないか疑ってみてもいいかもしれません。

今さら、高齢者だけの生活で必需品じゃないデジタル家電が
増殖している状態は要注意というわけです。

2.PCの状態チェック

PCの状態チェックは、まずはPCのデスクトップを見ることから始めます。
やたらとバンドルソフトのショートカットアイコンがある場合は、
あまりパソコンに詳しくない証拠。

で。

そういった方のカモられパターンとしては、
パソコンショップの言いなりにセキュリティ対策をしている可能性があります。

ウィルス対策ソフトのセッティングや謎のサポート期間などをつけて、
ムシられている可能性もあるわけです。

とにかくPCの設定が買ったばかりの状態であったり、
デスクトップにショートカットアイコンやファイルが散乱している状態は、
何かカモられている可能性もありますので、以下の二点の確認をしたほうがいいです。

  • セキュリティ対策
  • サポート体制→困ったときにどうしているか

この二つから裏に特定の業者の暗躍をあぶり出すことができるってわけです。

3.デジタル製品の能力をフルに活用しているか

で、カモられているかどうかのチェックもホントに重要なのですが、
そもそもデジタル製品は生活の利便性向上のためにあるわけで。

当たり前ですが、高齢者の方にとっての
カモられグッズではないわけです。

というわけで、本来の目的である生活の利便性を向上させるために、
デジタル製品がフルに活用されているかどうかと言えば、
悲しいかな能力は発揮されていないことがほとんどです。

デジタル家電で6割程度。
PCなどで3割程度といったところでしょうか。

迂遠なネット接続になっていたり、
手間をがっつり省けるモードがあるのを知らなかったり。

なのに、なぜか最新の製品が家中にあったりして、
これはもう高度経済成長期を経た「新製品を買っておけば取り合えず安心」世代に
特有の状態なわけであります。

なので、実際の生活とデジタル生活がうまくリンクしているか、
デジタルネイティブがチェックしてあげるべきでしょう。

……。

……。

でも。

この最後のチェックポイントで悲しいのは……。

高齢者の頭はマジでコンサバティブ。

なので、「この家電だったら、こんな便利なモードがあるんだよ」なんて教えてあげても……。

「私はこっちのほうが使いやすいからいいんだよ」と、
拒否られる可能性がかなり大であることを
一応付け加えておきたいと思います。

 

というわけで。

私の実体験を基にしたご実家のデジタル生活チェック。

ぜひお勧めする次第であります。

いや、マジで団塊世代のデジタル製品生兵法状態は結構なもので……。

ホントにチェックをお勧めします!

Pocket