Pocket

1枚の写真って言っても、
結構いろいろ背景にはありますよね。

瞬間を切り取ってはいるけど、
シャッターを切るまでの過程、
切った後のこと、まあいろいろあるはずです。

で、そんな1枚の写真をもとに
自分史を語っている企画が、
現在日本橋三越本店で開催されている
「自分史フェスティバル2016」の
「『一枚の自分史』100枚の展示
GATE A【思い出す】」というものです。

「一枚の自分史」100枚の展示

【関連リンク】

 

一般社団法人自分史活用推進協議会の
自分史活用アドバイザーたちが出品しているこの展示。

100枚も並ぶとかなり圧巻です。

 

私もその中の1枚として
以下のものを出品させていただきました。

題材に選んだ写真は、
青春時代の私の水着シーンです。
(誰も見たかねーよ……と思われるかもしれませんが、
出しちゃったものは仕方ありません……)

1枚の自分史 フク山タカアキ

画像をクリックしたら中の文章をご覧いただけます(水着写真も大画像で!)

展示は9月20日までですので、
ぜひ実際にお越しいただき、
ご覧いただければ大変よろこびます。

 

で、その最終日、
文章のプロが語る、自分史の書き方」という
トークセッションを担当いたします。

モデレーターを務めさせていただき、
プロの編集者&ライターのお二人に
文章に関することを語っていただきます。

まだ若干空席があるようですので、
ぜひご参加ください!

お待ちしています!

Pocket