Pocket

題名で「以上マル」というやつです。
(今、妻は陣痛が始まるか始まらないか、
そんな時です)

 

で、本気で何にも頭に思い浮かびません。

携帯を自分の傍らに置いて、
次の瞬間にも妻から陣痛の連絡があるのかと思うと
オチオチトイレにも行けません。(持ってけよ)

大気は不安定な状態で雨が降ったりやんだり。

万が一その時が来た時に
大雨だったらどうしようとか、
今、学童保育に行っている息子を
どうやってピックアップしようとか、
タクシーを停めるのはあの大通りの
交差点を渡ったところがベストだなとか、
そんなことが頭の中をグルグルしています。

 

と。

何を考えてもしょうがないから、
取りあえず私がラマーズ法でもしてみましょうか。

ヒッ、ヒッ、フー

ヒッ、ヒッ、フー

ヒッ、ヒッ、フー

……。

……。

ダメだ……。
こんなふざけた内容、
妻が読んだら怒られてしまう……。

つまり私は
こんなまったくつまらないことを
考えてしまうほど、混乱中です。

こんな時、書けば書くほど
くだらないことを書いてしまいそうなので、
そんな私は一旦横に置いておいて、
お口直しに先日娘が描いた絵を
ご紹介したいと思います。(無断で)

妻と産まれたばかりの赤ちゃん(弟)が、
冬の森でいろいろな動物なんかに
祝福されている絵です。

森の動物に祝福されるお母さんと赤ちゃん

動物たちはみんな「お姉ちゃん」と「赤ちゃん」のペアになっています

娘はこういった絵を描く時、
周りがどんなに騒々しくても
黙々と描いています。

で、時折
「『ひょ』ってどう書くの?」
なんて聞きに来て、
また走って戻って描く、
ということを繰り返しています。

 

弟の誕生を待ちわびている娘は、
こんな感じの絵を現在大量生産中です。

赤ちゃんに手紙を書いたり、
5人になった家族の絵を描いたり。

そんな感じで、家族全員で
赤ちゃんを待ちわびている我が家です。

 

さて。

ということで、混乱しているなりにも
この不毛なブログを締めさせていただきますと、

男なんざ、こういった時は
ただただ待つのみという
役立たず振りを露呈するだけであり、

出産における頭の中の
大半のシミュレーションなんて
結局のところ現実を目の当たりにした時には
崩壊することは必至なわけであり、

過去2回の立会い出産で
それを学んでいるにもかかわらず
第3回目の今回、またもや同様の行いを
繰り返そうとしている私は、
やっぱり所詮男って駄目ね、
と自虐的に思ってしまうわけであります。
(どんなまとめだ)

……マジでドキがムネムネで、
ガクがヒザヒザだ。

(終始くだらない内容で、
申し訳もございませんでした……)

Pocket