Pocket

来る9月20日火曜日。

日本橋三越本店で
トークセッションを開催します。

題して

「文章のプロが語る、自分史の書き方」

(一般社団法人自分史活用推進協議会主催、
「自分史フェスティバル2016」のプログラムの一つです)。

文章のプロが語る、自分史の書き方講師はプロのライターであり編集者である
赤羽博之氏、野見山肇氏のお二方です。
(トークセッションの詳細は以下でご覧ください。
文章のプロが語る、自分史の書き方
自分史フェスティバル2016サイトへ)

私はそのセッションで
モデレーターを務めさせていただきます。

 

お二人の対照的な文章のプロが、
文章についての様々な疑問や質問について、
快刀乱麻にご回答いただくという、
なかなかにイケているこの企画。

先日、講師お二方と打ち合わせをして、
「一切の予定調和はナシで行こう!」
という方針になりました。

なので、当日いったいどんな赤裸々で生のトークが
繰り広げられるのか、
私も開けてみなくてはわかりません。

 

このトークセッションは、
「自分史」と銘打っていますが、
文章について様々な角度から
語っていただく予定ですので、
ぜひお気軽にご参加ください。

(9/6:残席わずかになっています。
ぜひお早めにお申し込みください。
申込方法は本稿最下欄に掲載します。申込無料)

 

さて。

というまるで義務かのような
ごく普通の告知をしたところで、
重ねて告知させていただきたいと思います。

緊急募集になります。

普段、文章を書いていて、
「あれ~」とか「何だかうまくいかないなぁ」
なんてこと、ありませんか?

ということで、
そういった疑問などを
以下のフォームで募集いたします。

採用させていただいたご質問は、
当日会場で講師お二方に
ぶつけてみたいと思います(匿名です)。

ぜひ二人の文章のプロをギャフン(死語)と
言わせるような質問をいただければ、
大変ありがたいです。

例:「推敲のコツは?」、
「どうして自分の文章は恥ずかしいのか?」etc.

 

メールアドレスもお名前も任意です(空欄で結構です)。

ご質問を採用させいただき、
かつメールアドレスのご連絡がある場合は、
私が責任を持って当日どのような回答が得られたのか、
ご報告さしあげます。

 

些細なことから大きなことまで、
ぜひ幅広く文章に関するご質問を
お寄せいただければ幸いです!
※ご質問は9/13(火)まで承ります。

お名前 (任意)

メールアドレス (任意)

質問内容 (必須)

チェックボックスにチェックを入れ、「確認画面へ」のボタンをクリックしてください。

 

<トークセッションへのお問合せ・お申込み>

www.hajimarinocafe.jp

TEL:03-3274-8843
(受付時間)午前10時30分~午後7時30分

※日本橋三越本店本館7階はじまりのカフェに直接お申込みください。

 

<自分史フェスティバル2016>
日本橋三越本店 編のご案内

◇入場無料

◇日時:9月14日(水)~20日(火)10:30~19:30

◇会場:日本橋三越本店7階「はじまりのカフェ」

◇詳細:http://www.jibun-shi-festival.net/2016nihombashi.html

思い出し体験パーク ~くらしの思い出、カタチに~
はじまりのカフェは、家族三世代で楽しめる「思い出し体験パーク」になります。

自分史フェスティバル2016はじまりのカフェ思い出し体験パーク

自分史フェスティバル2016思い出し体験パーク内容

Pocket