Pocket

先日の妻の「おしるし」もどき事件の際に、
上の子二人(5歳娘、8歳息子)を
出産に立ちあわせることに決めた私たち夫婦。

その際のレポートは
プレパパが新米パパになる秒読み開始!『おしるし』が来た
『誤報』ということで一つご勘弁ください。
でお伝えしています。

 

これまで妻から緩~く子供たちには、
出産について話してきました。

そういった緩めの情報から、
子供たちは俄然立会い出産に
意欲を燃やしてきたわけです。

 

で、昨日、妻が検診に行って、
ついに子宮口が開いてきて
あと1週間以内は確実という
お墨付きをいただいてきました。
(今回は誤報ではないです……)

なので、夕食の時に改めて彼らに
「出産の実際」について話してみたわけです。

 

「お母さんは赤ちゃんを産む時に、
二人とお話もできないくらいになるんだよ。
苦しくて痛いから怖い感じになると思うよ」

「そうなんだよ!いつもお母さんは優しいけど、
メチャ怖くなるぞ!」

二人「……。」

「お父さんなんて、
お兄ちゃんが産まれる時に
お母さんをマッサージしてたら
『そこじゃない!(怒)』って
怒られたんだからな。マジで怖いぞ~」

二人「……。」

「でもお母さんはその時に怖いだけだからね。
赤ちゃんが産まれたらまた元に戻るから、
心配しなくていいからね」

「もしもそれがすごく心配なら、
産まれそうになったら
すぐにおばあちゃんに来てもらって、
二人はお留守番する?」

(私の母は前回のお産の時に、
陣痛が始まってすぐに新幹線で上京してもらい、
当時3歳の息子の面倒を見てもらった実績があります)

 

私と妻としては、いろいろあるだろうけど、
やっぱり二人に立ち会ってもらって、
新しい家族の誕生を全員でお祝いしたい気持ちがあります。

でも、そうは言っても、
二人がお産のフローや
お母さんの苦しみなどを理解しきれていなかったら、
結構なショックを受けるかもしれないと、
少し脅かし気味でこんな風に語ったわけです。

もちろんあれだけ立会いに張り切っていた二人だから
「わかったよ!」なんて
言ってくれるのかと、思いきや……。

 

「なら、そうする」

「へ?」

「おばあちゃん、呼んでもらう。
お家でお留守番する」

「(あっさりかよ……、
あの意気込みは何だったんだよ……)」

息子「……。」

「心配ならそうするけど、
産まれたばかりの赤ちゃんは見なくて大丈夫?」

息子「一緒にいたい!」

 

なぜかいきなりピヨッた娘。
一方、俄然やる気の息子。
対照的です。

娘としては、
いつもやさしいお母さんの豹変を暗示されて、
びっくりしたのかもしれません。

息子はよく分からないなりにも、
弟の誕生を迎えたい、
という気持ちが強かったのかも。

ということで、
兄のそんな雰囲気を見た娘も、
改めて立会う方向で考え始めました。

そして。

「リルルは赤ちゃんが
産まれるところを見たいの!」

「ダメだ!」

「なんで~?」

「お前たち二人もお父さんも
全員ばい菌だからだ!」

「ばい菌は赤ちゃんが
産まれるそばにいちゃいけない!」

字面にすると大層ひどいことを
言っているような親父ですが、
実のところ、実際に立ち会ったとしても、
私は子供たちが赤ちゃんの産まれる
そのものズバリのシーンを見ることに、
いまだに抵抗があります。

というか、私自身、
それはNGなので、
これまで2回の立会いの時には
妻の頭側にいました。
(だって怖いし……)

 

で、私の「俺たちゃ、ばい菌だ~」という喚き方が、
二人のツボにハマり、
かなりウケまくっていました。

そんな雰囲気で改めてわが家のホワイトボードに
お産の際の立ち位置を描いて、
彼らに説明したわけです。

↓こんな感じで。

立会い出産立ち位置

絵で描いても、子供をばい菌呼ばわりはひどい気がしますが…

 

この絵を見て、さらに笑っていた二人。

娘は「ばい菌なんてひどいこと言うね~」と
ゲラゲラ笑っていました。

一応、その後は妻が引き取ってくれて、
お産の現場や赤ちゃんにとって
衛生状態がいかに大切かを説明してくれました。

 

ということで、
上の子たちにお産のフローや
当日のお母さんの状況や状態、
現場での立ち位置などを
イメージさせることにどうにか成功したようです。

あとは二人が当日どんな風に感じるのか、
少しドキドキしますが楽しみです。

ってか、
三度目とは言え、
このお産について、
わが家で一番ドキドキしているのは、
他ならぬ私なのでした……。

 

子供たちがお産の現場に
立ち会ってどんなことを感じたか、
またご報告できればと思います。

【追記:出産のご報告】
で、無事立ち会い出産を完了いたしました。
無事……?ホントに無事だったのか?
ということで、当日の模様と子供たちの様子はこちらです。

Pocket