Pocket

剛田武。

漫画「ドラえもん」のジャイアンの本名です。

で、その妹が剛田ジャイ子。

なかなかに思い切った名前ですね。

兄はごく普通の名前なのに、
妹だけ斜め上を行ってしまった感があります。

とは言え、
原作の藤子・F・不二雄さんによると
ジャイ子の本名を明かすと、
同名の子がいじめられる可能性があるので、
「ジャイ子」を貫いたとのこと。
(真偽は不明ですが……)

まあ、何はともあれ、
ジャイアンの母ちゃんと父ちゃんが
自分の娘に「ジャイ子」という名前を
付けたわけではないことに、
ホッと安堵するわけです……。

 

で、何が言いたいのかと言うと、
子供にジャイ子という名前を付けるのは止めよう!

……ということではありません。

 

藤子・F・不二雄さんが慮ったように、
名前というのは子供の生活を
大きく左右する可能性があるわけで、
一方かつてゴダイゴさんが歌ったように
“♪Every child has a beautiful name♪”
というわけです。

つまり、名前というのは
様々な色がついているわけで、
子供にどのような彩りを与えるのか、
意味をつけるのか、
希望や期待を添えるのか、
これはもう有史以来、名付けの親たちが
頭を悩ませ続けたことなわけです。

 

さて、そんな赤ちゃんの名付けという
親にとってかなりの難事業を、
今回はどのようにクリアしたのか、
ということをレポートさせていただきます。
(前置きナゲーよ)

 

以前のブログでも触れましたが
(「三人目の赤ちゃんの命名、条件多過ぎ!」)、
わが家の三人目の赤ちゃんの命名には
以下のような条件が課せられていました。

妻「上の子たちには漢字に共通の意味があるから……」

妻「上の子たちには共通のイメージがあるから……」

妻「上の子たちの漢字には○偏がついているから……」

娘「お兄ちゃんと○○(自分の名前)には
同じ平仮名が付いているから、赤ちゃんにないと可哀そう!」

息子「格好いい名前がいいな!」

娘「ねぇ、かわいい名前にして!」

そう、その時の私の心境は
いわゆるムリゲー(クリアがクソ困難なゲーム)
というやつだったわけで……、
今回は相当苦しみました。

 

赤ちゃんの命名で
最もドキドキするのが、
いろいろと自分の中で考え抜いた名前を
妻に言う時のこと。

たぶん妻の方も同じだと思います。

お互い、自分がいいかな?と思った名前を言う時に
相手のイメージとズレがないか、
ドキドキしているはずです。

で、満を持して相手に言ってみると、
あまり気乗りのしない顔。

結局最初に戻ってやり直し、ってことになるわけです。

 

今回もそんなやり取りを何度か繰り広げ、
さすがに全部のイメージにあう名前なんて
あるわけないから、
条件をいくつか削るしかないかな、
と思い始めたときのこと。

妻の妊娠が分かった初期の頃に
ふと思いついた名前が、実は全部の条件を
クリアしていることに気が付きました。

妻や上の子供たちから条件が
一つずつ付け加えられるたびに、
なぜかゴテゴテとした名前に
向かってしまっていたのですが、
初期に思いついたそのシンプルな名前が
実は全部の条件をクリアしているという奇跡。

ということで、妻にその名前を言ってみると……。

妻の顔が明るくなるのがわかり、
これまで別の名前を言った時と明らかに違っていました。

 

そして、妻が以前赤ちゃんの名前を思いついて、
メモしていたノートを見せてくれました。

そこには、たった今私が妻に伝えた名前と
漢字も読みも同じ名前が
書いてあったというわけです。

 

お互い相手の脳内思考を深読みしすぎて、
遠回りしていたのかもしれません。

 

そんなこんなで、
結局童話の「青い鳥」のように、
答えは実は身近でシンプルなところにある、
という結論に達したというわけです。

いやぁ~、よかった。よかった。
めでたし。めでたし。

 

で、めでたく夫婦で赤ちゃんの名前を
決定したのですが、
上の子二人が「まだか、まだか」と
うるさく名前を聞いてきます。

なので、二人にその名前を教えた結果……。

娘は翌日、その名前を保育園のクラス中で公表し、
息子は実家の祖母に電話で公表し、
瞬く間に関係各位に周知のことになったというわけです。

口、軽いな~……。

……まあ、いいんですけどね。

Pocket