Pocket

おっさんはたいてい生意気な若造がキライ。

で、私はそんなおっさんがキライ。

といって、別に物わかりがいいおっさんを
気取るわけではありませんが、
実際のところ一緒にいて
面白いのは謙虚な若者よりも生意気な若造。
つまんないのは生意気な若造をキライなおっさん。

生意気な若造の方が
100万倍こちらも勉強になるわけです。

 

以前、ある大学生の研究レポートの発表会で
とても違和感を覚えたことがあります。

その発表会の聴衆は、
30~60代くらいのおっさんたち(私を含む)。

確かに緊張するとは思うのですが、
その学生たちが事あるごとに
「私たち若輩が…」、
「私たちには経験がありませんが…」、
「このようなことを言っては生意気かもしれませんが…」等々、
出るわ出るわ発言の前にエクスキューズのオンパレード。

で、内容は太平洋戦争当時のことなどが
テーマの一つにもなっていたわけで、
よくよく考えれば
そこに出席しているおっさん連中も
全員が「未経験者」であったというわけです。

発表する大学生も未経験者なら、
フムフムなんてシタリ顔で
上から目線の質問を投げかけるおっさんたちも未経験者。

なんだこりゃ的な滑稽な気持ちで
そのレポートを聞いていました。

いちいち面倒くさい若輩アピールなんていらないから、
中途半端な世代のおっさんを
ドンドン攻撃すればいいのにね、
なんて思ったわけです。

 

一方、大学生たちを連れて、
海外の大学のコンテストに随行したことがあります。

彼らは日本の大学で行われたコンテストで
優勝した学生たちだったので、
みな非常に優秀でした。

で、そいつらがまた生意気なんです。

現地でいろいろとアテンドしてくれた方と私の
海外と自国の二人のおっさんを相手にして、
一歩もひるまず議論を吹っかけてくる様は、
非常に刺激的で面白かったです。

多少の人生経験程度にあぐらをかいていると、
確実にやられます。

だから、こっちもマジで対応しなくてはいけないわけで、
世代間ギャップを感じたり、
実は世代間でギャップがないことを感じたり、
深いところもあれば浅いところもあり、
かなり勉強になりました。

 

 

というわけで、
私が惹かれるのはやっぱり後者。

門限違反したり、寝坊して遅刻したり、
「やるな」ということをやってきて、
わざわざ私に報告したり、
かなり手は焼きましたが、
魅力の点では確実に「生意気な若造」に
軍配が上がるわけです。

 

一応、前者の学生たちについて、
そうなってしまって致し方のない部分も実はありました。

ちょうど就活中の大学生だったのです。

つまり、その時の彼らはいわゆるおっさんたちの前で、
謙虚にしなくてはいけない日常にあったわけです。

別にその発表会の会場のおっさんたちに
彼らの進路を左右できるものは何もないのですが、
そんな就活中の身でおっさんに議論をふっかけるなんて
条件反射的にタブーだったのかもしれません。

 

ということで、
以下のことを若い世代の人に言いたいわけです。

ただ無駄に歳をとっているおっさんの脳みそは
弛みます。

おっさんになったら
確実に感覚は鈍ります。守りに入ります。

一方、ライブで勉強している若い世代の方が、
知識は新鮮です。

世の中を見つめる眼の感覚は、
絶対に若い方が鋭いはずです。

で。

本当に耳を傾けるべきおっさんは、
相手の年齢や属性(性別、国籍etc.)だけで
人を侮らない人です。

で。おっさんにも一言。

怠けてクソ空威張りしていたら、
確実に若い世代にヤラレますよっと。

あなたから所属する法人の属性を取り去って
はだかになった時、
本気で若い人たちとやり合う自信がありますか?ってね。

Pocket