Pocket

初めてのセミナーつくり:テーマその17「教室のトイレ」

このブログでは初めてセミナーをつくる方に向けたノウハウをご紹介しています。
筆者はこれまで幅広い層に向けた様々な講座・セミナーを企画・運営してきました。
また自身もビジネスパーソン向け、一般向け、シニア向けなどのセミナー講師を務めています。
そういった生の体験からのセミナーつくりヒント集です。

どのようなセミナー会場を用意するか。

これは講師をやる上で最初に頭を悩ませることだと思います。

 

私自身、その際にいくつか注意していることがありますが
(今後の記事でその他の注意点もご紹介いたします)、
その中でも特に注意しているのは「トイレ」です。

 

もちろんトイレはセミナーの本質ではありませんが、
受講者の方(特に女性の方)に快適にご受講いただくためには、
とても重要なポイントになります。

受講前、少し早目に来られた方は十中八九トイレに行かれます。

そして、受講中の休憩時間に半分くらいの方はトイレに行かれます。

ほぼ大半の受講者の方にとって教室以外に利用する場所が
トイレになります。

 

そういったことを踏まえて、
私はできる限り男女共用のトイレの会場は避けています。

男女共用トイレは、
気を使う、混雑を招く、といったことからもっともNG候補です。

ただ貸会議室・セミナールームなどで格安料金のものは、
得てして男女共用なのでどうぞご注意ください。

 

加えて教室とトイレの位置関係も重要です。

教室内に備え付けのトイレは、仮に男女別でも使う時に出入りが目立ち、
とても気を使ってしまいます。
(そのため教室備え付けトイレで男女共用の場合は
特にNGにした方が無難です)

また、以前ある教育機関の建物で教壇の裏側にトイレがあり、
そのトイレ内の音が壁越しにまるまる聞こえてしまう場合もありました。
(ただし非常に古い建物でしたが)

 

このような例もありますので、
私はトイレについては以下のような優先順位で教室選びを行っています。

  1. 教室の外にトイレがある
  2. 男女共用ではない
  3. 女性用に複数の個室がある
  4. 化粧直しのスペースがある

貸会議室で料金だけを比べて選ぶと、
上記にことごとくNGな会場もあります。

最近は古いビルを見た目だけリノベーションして、
貸会議室としているところもありますが、
そういったところはトイレは古い環境のままという場合もありますので、
ご注意ください。

ご自分でセミナー会場を選ぶことができるときは、
ぜひ受講者の方のためにトイレにまで気を使ってください。

tipsその17:受講環境でトイレは重要!
とにかく男女共用は避けること!

講座風景家族で考えるコト研究所では、「家族で考えるコトに役立つセミナー」の依頼研修・企画研修・各種コンサルティングを行っています。
キーワード:自分史、親の家の片づけ、デジタル終活、生前整理、子育て、プレパパ、夫婦関係など
また個人向けには、はじめてセミナーをつくるお母さんのためのコンサルティングサービスも行っています。
詳細は以下よりお問い合わせください。
お問い合わせ
Pocket