Pocket

「(女は弱し、されど)母は強し」ってこの言葉、
もういいです。
もうウンザリ。

もちろんこの言葉を使っている背景に、
子供を産んだ女性を鼓舞し
称える意味合いがあることは
理解できますが、
ここに繋がる前段の文脈に、
もうウンザリです。

(子育てがつらくても)少々のことでも気にしない!
だって母は強しですもの!
とか、

イクメンに頼るなんて情けないことを言わない!
だって母は強しですもの!
とか、

明るく亭主を送り出してアゲマショー!
だって母は強しですもの!
とか、

明るく楽しく頑張ってイキマショー!
だって母は強しですもの!
とか。

 

……。……。

うるさい……。

ポジティブお馬鹿さんですか?
なんかの呪文ですか?

 

で、もしそれが本当なら……。

じゃあ、なんで育児不安の特集が
毎日毎日どこかに掲載されているの?

女性は弱いの?
出産を経験しなくちゃ強くならないの?

そもそも弱くてつらいお母さんがいてもいいでしょ、
人間だし人生なんていろいろあるんだから。

 

○○だから△△だ、とか、

○○だから△△たらねばいけない、

という言い方は
ひどく生き方や考え方を
縛りつけることになると思います。

○○には属性が入って、
例えば、母とか父とか、
子供とか長男とか、女とか男とか。

で、△△にはポジティブお馬鹿さんが大好きな
「産む」とか「強い」とか
「稼ぐ」とか「継ぐ」とかの
呪縛ワードが入ります。

 

そんなものは
家族の形や本人によって
どうにでも変わるものなのに、
ポジティブお馬鹿の思い込み呪縛のせいで、
いらないプレッシャーを感じたり、
余計な劣等感に苛(さいな)まれたりしてしまう。

 

だから、
大切なのはそんな使い古された
一見ポジティブに言い切っているような
呪縛なんかじゃなくて、
自分と自分の家族にとって
良いようにカスタマイズする知恵だと思うわけです。

今その時に弱くてつらくて、
だから休んだり、怠けたり、
愚痴言ったり、本読んだり、映画観たり、
誰かに頼ったりしたとしても、
いつか自分と家族がよくなれるように思っていれば、
別になんだっていいと思うんです。

 

ということで、
自分の現状に変なプレッシャーをかけてくる
ポジティブお馬鹿さんの思い込みと
言い切りの呪縛は、気にしなくてOK!

Pocket