Pocket

子供が苦手な人が確実に困るシーン。

それは、知人のお子さんを紹介された時ではないでしょうか。

 

今日、電車の中でこんな光景を目にしました。

電車に乗り込んできたお母さんと息子さん(4歳くらい)。

先に乗っていたスーツ姿の男性がお母さんに気づき、挨拶を交わします。

どうやらお母さんと男性は同僚で、お母さんは今日休暇中らしいです。

そして、お母さんは自慢の息子さんのことをペラペ~ラと勢いよく話し始めます(お蔭で聞き耳を立てなくてもお母さんと息子さんと男性の関係がよく分かりました)。

男性は明らかに顔面引きつり笑顔。

で、恐らく会話は上の空。

さらに、「子供の病院が…」とか「子供の幼稚園が…」とか話されても、生返事。

にもかかわらず、空気を読まないお母さんのマシンガンは炸裂し続けます。

打たれ続けた男性はどうにか気を取り直し、「何歳?」とか「大きいね」と子供に話しかけるのですが、子供は無視。

もう一度「クラスの中で大きい方でしょ?」と話しかけるのですが、さらに完全無視。

(男性が非常に不憫でした……。いくら同僚の子供でも病院のこととか幼稚園ことなんて、はっきり言って仕事の移動中に聞きたかないでしょうから)

そして、すごく微妙な空気の中、男性は降車駅で風のように降りていきました。

 

さて、こんな風に子供が苦手な人は知人の子供を紹介された時、何とか場を取り繕おうと頑張って、ムリムリ子供に話を振ったり、別に全然かわいくもないのに「かわいいですね」と言ったり、そのくらいの年齢の子供の平均身長もよく分からないのに「大きいですね」と言ったり、非常に苦心惨憺されていると思います。

 

で、上記のお母さんのようなタイプは別として、親側のこちらとしてもその辺の頑張りは痛いほどよく分かり、非常に申し訳ない気にもなってしまうわけです。

 

「くそっ!何で子連れの時に会っちゃったんだろう……。場が持たねー、つーか、子供どーでもいー」という気持ちと、

「あー、この人、目が全然笑ってない。きっと子供が好きじゃないんだなあ」という気持ち。

お互いたいそう可哀そうな感じです。

 

ということで、そんな親側の心を知っている私が、お互いにとって、もっともいい方法をお伝えしたいと思います。

それは、子供の存在を無視。

まるでいないかのごとく扱う、です。

で、親御さんの方と大人の会話を続ける、です。

間違っても子供バージョンの会話にしません。

 

私、本心からかわいいと思えないタイプの子供(小さい時の貴乃花親方や落合GMの息子のようなタイプ)と出会った時には、その子と親御さんにこの手をよく使います。

わざわざ関心もない子供のことを話して、お互いビミョーな気持ちと空気になるくらいなら、端(はな)から無視の方が、親御さんも自分もwin-win!

「えー、でもそんなのは子供にかわいそう!」と思ったあなた!
ということは、あなたは子供に興味がある人でしょうから、その時は子供と同じ目線になって、存分に構ってあげてください。
たぶん、そんなあなたは本質的には子供が苦手ではないです。

 

そんなわけで、子供が苦手な方が、特に興味もなくかわいいとも思えない知人の子供を紹介された時、ぜひ「子供を空気扱いして、触れない」を実践してみてください!

親としてこちら側の気持ちとしては「関心ないなら、無理して触れなくていいっすよ。お互い気まずいですよね(^_^;)。どうぞお構いなく」という感じですから、まったく気にしなくてOK!

 

……子育てブログとして本当にいいのかな、こんな内容……。

Pocket