Pocket

海外のドラマはあまり観ません。

なぜかというと、「シーズン○」なんてシリーズ化されていることがよくあり、観る前から一体何時間このドラマに費やさなくてはいけないか考えてウンザリするからです。

しかもそれが「シーズン9」なんて言われてしまうと、すでに乗り遅れた感と「じゃあ、一つのシーズンを観ただけじゃ話が終わらないじゃん」という気持ちで最初から敬遠対象になります。

 

と言いつつ、今回取り上げるのは海外ドラマです。

事の発端は、Amazonプライムの会員になっているので、視聴無料になるドラマは「失敗してもまあいいか」という気楽な気持ちから。

 

ということで、今回取り上げるのは以下のドラマです。

まほうのレシピ シーズン1

Amazonが提供するオリジナルドラマです。

なぜ数多あるリストの中からこのドラマを選んだのかというと、

  • 子供たちがハリー・ポッター以来、魔法の物語が好きだから
  • 娘(4歳)が年上の女の子を好きだから(いつも街で年上の女の子の振る舞いやファッションをじっと見ています)
  • どぎついシーンがなさそうだから

という理由です。

 

で、実際の観たところ、非常に平和的な内容の魔法の物語でした。

もちろん海外ドラマらしく全編を通しての謎が散りばめられていますが、その辺も子供たち(7歳と4歳)には適度に分かりやすく、1話観終わった後、その謎についての予想を二人で話し合っていました。

「屋根裏」、「古くから伝わる魔法の書」、「問題を魔法のレシピで解決」などややありきたりな感がありますが、目新しさを求めてなくて、家族で安心してみることができるものという選択でしたら、かなり「あり」なドラマだと思います。

スクールもの特有のいじめのシーンや、思春期の登場人物特有の家族との葛藤など、イガイガした要素はこのドラマには皆無です。なので、相当安心して観ることができます。

例えるならEテレがまだNHK教育と言っていた頃の夕方によくやっていた海外のホームドラマといったところでしょうか。

 

とにかく子供たちにはかなりウケました。

「どうしておばあちゃんは話せなくなってしまったのか(ドラマのキーになる謎)」

「おばあちゃんを嵌めたのはママ・ピー(悪役風の登場人物)だ」

「『おだまりケーキ』を食べちゃった~(魔法のレシピでつくった魔法のケーキ)」

なんて感じで観終わった後、兄妹で相当盛り上がっていました。

 

で、私の感想ですが、昔のホームドラマってこんな感じで緩くて楽しかったよなあ、というノスタルジーを感じるものでした。

放課後のワクワク感、謎めいた隣人、海外の街並みや暮らしに対する憧憬など、その昔の海外(というかアメリカの)ホームドラマを観た時のような爽やかな感じがしました。

 

ということで、このドラマだけのためにAmazonのプライム会員になるのがいいのかは微妙なところですが、もしも現在会員でしたら、お子さんとご覧になるのに結構おススメです。大人もそこそこハマるかもしれません。

※最後に……お勧めしておいてなんですが、実はまだ第4話までしか見ていません。シーズン1を全部観終わったら、新しく感想を投稿しておきますので、よろしければチェックしてください。

【3/15追記】
めでたくすべて視聴し終わりました。
その感想はこちらの記事からどうぞ『まほうのレシピ シーズン1』視聴完了

Pocket