Pocket

通勤時の満員電車で私の横に妊婦さんが立っていたので、「妊婦さんがいますよ」と座席の人たちに呼びかけて席を替わってもらったことが何度かあります。

いい奴ですよね、私って

 

ドアのそばに妊婦さんが立っていたから、席を替わろうと呼び掛けに言ったら、その間におっさんに座られてしまい、それをどかしたこともあります。

案外いい奴ですよね、私って

 

疲れてボーっとして座っている時、目の前の女性がマタニティーマークを付けていることに気づき、平謝りして席を譲ったことがあります。

相当いい奴ですよね、私って

 

うん。いいぞ、俺!

 

と、かなりのいい奴アピールですが、そんな時、正直なところ人の眼が気にならないこともなかったです。

「いい奴ぶってると思われる?」

「自分に酔っていると思われる?」

「お節介?」

という感じです。

はたまた、このお節介が空振りの時が何度もありました。

「次の駅で降りますから」というのが一番多いパターン。

そんな時、ちょっとバツが悪くなって、また人の眼が気になっていました。

 

ということで、人の眼が気になって、偽善者だと思われることがいやで、本当は見てみぬ振りするのが一番楽だということを、まさに偽善者の当の本人である私が一番よく知っています。

そう、私は偽善者です。

でも行動する偽善者。

別にそれでいいと思っています。

 

行動する偽善者と行動しない人。

 

妊婦さんに席を譲ったけど、断られてしまい何だかバツの悪い思いをするのと、そのバツが悪い奴を「あのお節介、断られてやんの」と席に座ったままで嗤うのと、どっちがいいのか?

何回かのうち一回でも妊婦さんにとって役に立つのはどっちでしょうか?

 

何より偽善をした日は自分に酔うことができますから、結果、とても精神的によろしいのも事実です(ビールを飲んで「ぷは~、今日もいいことしたなー」って感じです)。

結局、電車の中での善行も自分のために行っていると言えるわけで、まさに偽善者の面目躍如、偽善の鑑といったところです。

 

でも、その偽善で誰かが助かっているかもしれない。

 

ということで、偽善で行動したって全然かまわないはずです。だから、

問題なのは、何もしないことだ!

「恥ずかしがらずに、レッツ偽善で行動!」(だっさ……)。

 

だから、妊婦さんを見たら、偽善と思われようが、売名と思われようが、モテたいと思われようが、次の選挙を狙っていると思われようが、

席を譲る

ドアを開けてあげる

エレベーターで待ってあげる

Etc.

をするべきです。

とにかく結果的に妊婦さんに役立てばOK。

 

最後に。

大事なことなのでもう一度繰り返します。

「恥ずかしがらずに、レッツ偽善で行動!」(くどい……)。

マタニティマーク

Pocket