Pocket

子供が喜んだ野球練習

大学生の頃、ふとした拍子に
子供のキャッチボールの相手をしたことがあります。

講義もバイトもない日、
暇を持て余した私は近所の公園で
本を読みながら寝転んでいました。
(友達もたいして多くなかったですし、
定番の暇つぶしでした。って悲しい奴ですね……)

すると、転がってきたボールが一つ。

小学生低学年くらいの男の子が
グローブとバットを持って、
ひとりぼっちで練習していたのでした。

ボールを投げ返してあげると、
小声で礼を言い、また一人で練習をします。

そのまま多少気になりぼんやりと
見ていたのですが、
彼もこちらをチラ見して
私を意識しているのがよく分かります。

彼の一人練習は
まったく野球の練習の体をなしていません。

一人で片手バットでボールを打って、
グローブをはめて拾いに行くという、
悲しいものです。

たぶん野球グッズを買ってもらったばかりで、
取りあえず始めたのでしょう。

 

そこで、私は小学校の頃に
野球をやっていたこともあったので、
彼に「一緒に野球する?」と
声をかけてみることにしました。
別に当時子供好きでもなかったですし、
本当に思いつきです(よっぽど暇だったということです)。

今でこそ、縁もゆかりもない大人が
小学生に声をかけたら、
通報ものなのでしょうが、
当時はまだ多少ゆとりがあったのかもしれません。

最初は照れて断ってきたのですが、
本を改めて開いた私のそばでひたすら練習を続けています。

ちょっと鬱陶しかったのですが、
先ほど声をかけた手前もあるので、
再度声をかけてみると、
今度は頷いたので、練習の相手をすることにしました。

 

では、どのように相手してあげようか、
ということになるのですが、
取りあえず木をキャッチャーに見立てて
彼にバットを握らせ、
私がピッチャーをするという方法を取りました。

初心者向けの野球の練習方法は
いくつかあるのでしょうが、
私は今後も彼に練習を付けてあげることはできませんので、
システマティックな練習方法というより
面白くしてあげた方がいいかな、
ということでこの方法を取ったわけです。

野球を始めたばかりなので、
当然のことながら全然バットには当たりません。

ですが、彼は夢中になって楽しんでいます。

とりわけ、満面の笑みになったのが、
私が振りかぶってボールを投げてあげた時でした。

いわゆるワインドアップポジションという投球方法で、
正直なところ、
野球初心者の子供との
練習でやる必要は一切ありません。

でも、漫画やドラマ・映画などで
ピッチャーがやる投球フォームと言えば
それ!というやつです。
(『ピッチャー振りかぶって、
第一球を投げました~!』と言うときの
投げ方です)

 

彼はその私の大ぶりなフォームから
投げられる超スローボールを
見事に空振りするのですが、
本当に楽しそうに何度も何度も繰り返すのでした。

子供が喜んだテニス練習

さて、一気に時は流れます。

このお盆の期間、
息子が知り合いの方から
テニスラケットをいただきました。

早速息子は私を相手にテニス遊びを始めたのですが、
まず始めたのは実家の階段の上と下で
スポンジボールを打ち合うこと。
(私は小~大学までテニスをやっていたのに、
息子の初めてのテニスでは完全に手抜きしました……)

次に行ったのは、
少しフォームを教えてあげて、
かなり広い公園の草っ原で大きく打つ練習です。
(ラケットのスイートスポット
(一番ボールを当てるといい位置)を
教えてあげる練習です。
もちろんスポンジボールを使いました)

そして最後は、
近所の公園で
地面にテニスコート数分の一くらいの
大きさに線を引いて
コートに見立てた “ゲームもどき”。

ネットもない小さな小さなスペースで
小さな小さなフォームで
ボールを打ち合う可愛らしいものです。
もちろんそんなにラリーは続くはずもありません。

子供が喜ぶスポーツ練習の共通点

ということで、
この三種類のテニス練習(遊び?)で
息子が一番楽しそうにした練習は何だと思われますか?

三つ目の“ゲームもどき”です。

息子曰く、
「本当のテニスをやれて楽しかったね」
ということでした(ではない、のですが……)。

 

さて、冒頭の大学生時代の野球練習、
現在のテニス練習、
どちらにも子供が本当に喜んだ共通点があります。

それは、
「大人が本気を出して(はいませんが)、
そのスポーツのゲーム本式(ではありませんが)で、
練習の相手をする」
という点です。

親と子供のスポーツ練習

子供とスポーツをする時、
親がそのスポーツの経験があると、
ついコーチと選手の関係になりがちです。

もちろん、
現在活躍しているスポーツ選手が
その親子の練習方法で
開花したのは枚挙に暇がありませんので、
能力を伸ばす効果があるのは確かなことでしょう。

しかし、
誰もがスポーツ選手になれるわけでもありませんし、
スポーツの高度な技を習得できるわけでもありません。

もちろん自分の子供の可能性に
限りを設けることはいけないことかもしれませんが、
私自身はまずは子供には
スポーツの楽しさを教えてあげたいと思っています。

そうすると、
子供に一番ウケる方法は
前述の大人が本式で相手してあげる
ということになり、
喜んでやってくれるのです。

私のスポーツ練習の苦い経験

私は子供の頃、
多くのスポーツを経験しましたが、
やっぱり反復の基礎練習は
あまり好きではありませんでした。
(だから最終的に殻を破れなかったのでしょうが……)

それは、楽しくなくて、つまらないからです。

当時のスポーツ練習は
スポコンが全盛でしたので、
スポーツをする楽しさよりも
基礎練習の反復に重きを
置いていたように思えます。

そのやり方では
一定の技術は身に付くのですが、
心からスポーツを楽しめません
でした。

そのことが反面教師的に私の中にあり、
上記のような練習方法を取ったのかもしれません。

すべては子供がそのスポーツの楽しさを知ってから!

ということで、
小さいお子さんにスポーツを教えてあげる時、
ちょっと大人が本気を出して
簡単なゲーム風にしてあげると、
まず喜んでくれるのでお勧めです。

お子さんの本当の能力を伸ばしてあげるのは、
まずその第一段階の
「スポーツの楽しさ」
を知ってからでいいのではないでしょうか。

Pocket