Pocket

下のポスターをご覧ください。

あ、別に皆さんにUターン就職をお勧めしているとかそういうことではなく、このポスターのキャッチコピーが私の故郷の方言なんです。

方言のポスター

ちょっと光ってしまって見難くなってしまっていますが、

「お帰りなさい。

こっちは、いいろ?

そろっと帰ってこいて。」

とあります。

私の故郷、新潟県長岡はそこまでアクロバティックな方言ではないので、意味はだいたいお分かりになるのではないでしょうか(「こっちはいいでしょ?そろそろ帰ってきなよ!」という意味です)。

ちなみに母に言わせるとこのコピーはちょっと違和感があるそうです。

母だったら、「こっちはいいすけ、帰ってこいや」がより自然だそうです。

 

実のところ、私は故郷の方言がよく分からない上に、無理して話すとすごく下手なイントネーションになってしまい、誰が聞いても違和感アリアリな長岡弁になってしまいます。

と言うのも、私は子供の頃に転校生生活を送ったため、方言が定着する間がなかったのです(方言に関する質問に答えていくと出身地がわかるというwebサイトがあるのですが、試しにやってみたところ、まったく当たりませんでした……)。

今でこそ「長岡が故郷」なんて言っていますが、その故郷の長岡弁が全くできていない可哀そうな感じです。

方言を話すことができず、いつまで経ってもよそ者扱いされていました(「転校生あるある」ですね)。

 

そんな経験から、様々な土地の方と仕事をさせていただく時、その方の言葉の端からほんのり方言のイントネーションが漂ってくると、羨ましいなあという気持ちになります。

学校教育で「標準語」を教えようと、TV番組で「共通語」をタレントが話そうと、その土地で育まれた言葉を使えるということは本当に素敵なことだと思います。

そして、その土地から離れてもなお、その方の話す言葉から方言がうっすら見て取れると、とても魅力的に感じてしまうのです。

 

という方言のことをTVのローカル番組を見ながら、いろいろと思ったのでした(でも、地方CMで流れる方言はわざとらしく、シラケて聞こえてしまうのはなぜなのでしょうか……?)。

—————————————————-

方言といえば、以前出張で行ったある土地で、地元の方に車で迎えに来ていただいたことがあります。

ホテルまでの二人っきりのドライブの間、その方の方言があまりにもきつく、お話の半分くらいしか内容がわかりませんでした(方言は素敵だ、なんて言っていられないくらいのレベルです)。
方言で話が分からないなんて言うこともできず、困った私が取ったのは、「できるだけ自分がしゃべり続け、その方が話す量をできるだけ少なくする」という方法でした。

思えば、失礼な話です……(でも、その土地の他の方から「あの人の方言きつかったでしょ?」と言われましたので、その方は特別だったようです)。

Pocket