Pocket

お父さん!

唐突ですが、お子さんはお父さんのお仕事を知っていますか?

 

小さいお子さんにとって、お母さんと比べるとお父さんは“未知の生物” (である可能性が高いですよね)!

毎朝早くに出て、夜遅くに帰ってくる。
たぶん忙しいのだろうけど、どうしてそんなに家にいないのか、ちょっと意味不明、という感じではないでしょうか。

さて、そんなUMA(未確認動物)のお父さんに、お子さんにウケる遊び方をご紹介します。

 

それは……

名刺交換です!

「そんなものは仕事で腐るほどやっているのに、なんで今更、自分の子供とそんなことせにゃならん」って思いましたね。

 

しかし、これは確かな筋からの情報で、かつわが家でも試してみた結果なので、お伝えするものなのです。

その確かな情報筋とは、

天下の「Eテレ(昔のNHK教育テレビです)」の「はなかっぱ」というアニメです!

「アニメなんて、そんなものを情報ソースにするなよ」って思いましたね。

でもですね、そうは言っても結構侮れないものがあるんですよ。

 

ここで、「はなかっぱ」を知らないお父さんに簡単にご説明すると、“はなかっぱ”とは頭の上に花を咲かせることができる、かなりアバンギャルドな能力を持ったかっぱのお話です。

村の動物たちやライバル?たちといつも仲良くドタバタしている実に微笑ましいアニメです。

そんなアニメの先日の放送で、はなかっぱとお友達たちがオリジナルの名刺(ひとりひとりが手作りした個性光るもの!)を作って、「どーも、どーも」と交換して遊ぶという回がありました。

 

そして、その放送があった夜、息子と娘が唐突に私に自分で作った名刺を渡してきました。

それが以下のものです。

子供の作った名刺

兄妹で部屋の隅っこで作っていました

息子は将来、設計士さんになるのが目標なので、すでにその肩書が入っています。

娘はカードという形に囚われず、メモ帳に名前を書いてお気に入りのシールを貼ってくれました。

 

そこで、私が自分の名刺をお返しに渡してみると、想像以上に喜んでくれたのです。

そして、その機会に私の仕事のことも簡単に話したりしました。

 

ちなみに名刺交換をするときに、「どーも、どーも」とお辞儀しながら渡してくる様は、まるでハリウッド映画の日本人サラリーマンのようでしたが、それもご愛嬌です(いつかちゃんとしたビジネスマナーは学ばせなければいけませんね笑)。

 

ということで、いつも忙しくて小さいお子さんと中々遊べないお父さんに一言!

子供たちにお父さんの名刺を渡してあげると想像以上に喜びますよ!

そしてその時、簡単にお仕事のお話もしてあげてくださいね。

きっとお子さんたちも興味深く聞いてくれるはずです!

 

以上、「お父さんUMA(未確認動物)化防止委員会」代表からでした!

 

あ、ただし、子供たちが飽きっぽい種族であることをくれぐれも忘れてはいけません。

私は名刺を渡すとき、

  • 外に持っていくな!
  • ほったらかしにするな!

の2点を約束させてプチ情報セキュリティ対策を講じたことは言うまでもありません。

そして、半強制的に彼らの宝物箱に仕舞わせたのでした……。

Pocket