Pocket

今回は「親の家の片づけ」を始める際のマインドセット(考え)の切り替えについて、考えていきたいと思います。

現状は将来も変わらず続くものなのか

前回のブログで、「親の家の片づけ」を始めることができない理由として、「現状維持を選択する」、「今を変えたくない」、「変えるのが(実は)こわい」という考えを挙げました。

「現状や今」を変えることは、ご存じのとおりとても大変なことです。

安心な家族

”今”を維持できる家族はあるのか?

特に今現在の状況に取り立てた問題や課題がない時には、なおさらです。
体力も気力も時間も必要な「親の家の片づけ」なんてものに、わざわざ波風を起こしてほしくないのも分かります。

ですが。
その現状は、これからもずっと変わらず続くものなのでしょうか。

まずは現状の危うさを把握する

ここで前回ご紹介した「できない理由」にマインドセット切り替えのための質問を付記しましたので、今一度ご覧ください。

[table id=7 /]

いかがでしょうか。
一見、問題や課題のないように見える現状は、実は薄氷を履んで進んでいるようなものなのかもしれません。

現状が変わらない家族なんて、この世にはあり得ません。

家族の「現状」は変わり続けます。
年々ご自身が歳を重ねるということは、年々親御さんもご家族の他のメンバーも歳を重ねているということです。
と言うことは、同じ状態であり続ける「現状」はどこにも存在しません。
そんな「現状」を維持するということは、そもそも存在しないものに対してのことで、ナンセンスであり、不可能なことです。
ただ頭の中の「だったらいいなあ」という楽観的な空想なのかもしれません。

繰り返しますが、
家族のコトでは「現状維持」はそもそも選択することができないことなのです。

——

以上の内容で、皆さんのマインドセットは少しは変わりましたでしょうか。

もしも「現状」に対する考え方が少しでも変わられたようでしたら、今度は次の行動を起こすために家族の関係性を見直してみませんか。

次回は「親の家の片づけ」を始めるための事前準備である「家族関係の棚卸し」をご紹介します。

Pocket